三重県近隣・伊勢湾岸のイベント・お出かけ情報たまには政治・エンタメ情報などをお届けします。

東海地方と伊勢湾岸おでかけ情報

エンタメ

「銀と金」(ドラマ)のキャスト、巽京子役は臼田あさ美さん!

投稿日:2017年1月8日 更新日:

臼田あさ美

出典:テレビ東京

2017年1月7日(土)深夜にスタートする、テレビ東京系のドラマ「銀と金」のキャスト、臼田あさ美(うすだ あさみ)さんが巽京子(たつみ きょうこ)役で出演します。
臼田あさ美さんが演じる巽京子という人物は、どういったキャラクターなのでしょうか。

「銀と金」美人キャラの巽京子とは、どんなキャラ?

巽京子というキャラは、確か漫画の原作では存在せず、巽 有三(たつみ ゆうぞう)だったと思います。

なので、巽京子というのはドラマ版だけでのキャラということかもしれません。

元新聞記者の巽京子は、かつてのコネクションと新聞記者としての経験を生かして、主に情報収集によって平井銀二たちをサポートします。また、巽京子自身で経営するバー、「BAR FULLER」は、平井銀二たちのたまり場となっています。銀二もあまり深く巽の過去については知らない・・・という設定のキャラクター、ということになっています。

ちなみに、原作の巽 有三は、

元新聞記者。かつての経験を生かし、情報収集によって銀二をサポートする。常にサングラスを掛けており、素顔を晒した事はない。

ですので、おそらくドラマのキャスティング的に女性キャラに変更になったのだと思われます。

臼田あさ美さんとは?プロフィールは?

臼田あさ美(うすだ あさみ)さんって、私は実はよく知らなかったのですが(こういう記事書くくせに疎いんです。ごめんなさい。なので、そのたびにwikipediaなどで調べています_(._.)_)、女優さんであり、タレントさんであり、ファッションモデルさんなのですね。

臼田 あさ美(うすだ あさみ、1984年10月17日 - )は日本の女優、ファッションモデル。本名、臼田 麻美(読み同じ)。千葉県出身。A-team所属。愛称は、あさみどん、あーちゃん。
ウィキペディアより引用

その他に臼田 あさ美さんのプロフィールは、

本名:臼田 麻美(うすだ あさみ)さんです。
生年月日: 1984年10月17日 (32歳)です。
生まれ: 千葉県です。
身長: 163 cmです。
血液型:A型です。
スリーサイズ:80センチ-59センチ-83センチだそうです。

デビューは、15歳の時に渋谷でスカウトされ、読者モデルとしてデビューなさったそうです。その後は、女性ファッション雑誌の専属モデルで活動なさっていたそうなので、本業はファッションモデルさんということになるのでしょうか。

さすがにファッションモデルさんだけあって、抜群のスタイルですよね。

その後、2003年からおもにドラマや映画に出演なさっていて、女優業もなさっています。

臼田あさ美さんの過去の出演作品は?

臼田あさ美さんは、とても多くの作品に出演なさっています。

ノーパンツ・ガールズ〜Movie Box-ing2〜 「大人になったら」(2004年、園子温監督)
ほんとうにあった怖い話 怨霊 劇場版(2004年、山本清史監督)
真夜中の弥次さん喜多さん(2005年、宮藤官九郎監督)
夢の中へ(2005年、園子温監督)
この胸いっぱいの愛を(2005年、塩田明彦監督) - 布川靖代 役
スキージャンプペア(2006年、真島理一郎監督)
Wanna be FREE!東京ガール(2006年、津谷祐司監督)
恋空(2007年、今井夏木監督) - 咲 役
色即ぜねれいしょん(2009年、田口トモロヲ監督) - オリーブ 役
ランブリングハート(2010年、村松亮太郎監督) - 主演・千早翠/千早葵 役
昆虫物語 みつばちハッチ〜勇気のメロディ〜(2010年、アミノテツロ監督) - ピコ 役(声の主演)
東京プレイボーイクラブ(2012年、奥田庸介監督) - エリ子 役
キツツキと雨(2012年、沖田修一監督) - 麻生珠恵 役
マメシバ一郎3D(2012年、亀井享監督) - 園子マユ 役
鈴木先生(2013年、河合勇人監督) - 秦麻美 役
桜並木の満開の下に(2013年、舩橋淳監督) - 栞 役
さいはてにて-やさしい香りと待ちながら-(2015年、チアン・ショウチョン監督) - 城山恵 役
グッド・ストライプス(2015年5月30日公開) - 裕子 役
愚行録(2017年公開予定)

ウィキペディアより引用

映画だけで、これだけの数に出演なさっています。

テレビドラマは、さらに倍くらい出演なさっているので、超売れっ子女優さんですね。とてもスタイルが良く、可愛くてクールな女優さんですから、私も応援したいです。

これからも、長くTVドラマや映画で、活躍していただきたいですね。

「銀と金」巽京子役、臼田あさ美さんのコメント

テレビ東京のドラマ「銀と金」のサイトに、臼田あさ美さんのコメントが掲載されていたので、抜粋してみます。

原作では男の人のキャラクターをやっているので、またドラマは別のものになっていると感じています。

やはり、そうでしたね。ドラマはドラマで味付けをしている、という感じで受け止めれば原作を知っている方もなじめるのではないでしょうか。

「銀と金」は、もちろん裏社会の話なんですが、森田を除く4人が森田と再会するシーンがあって、あのとき、森田の笑顔に胸が熱くなり、微笑ましく見守る銀二さんとかを見ると「あぁ仲間なんだ」と思って…。物語上、もちろんスリリングなシーンはメインですし魅力的ですが、物語を通じて、森田が銀二さんに、人間的にも救われていくというか、駆け引きだけじゃなくそういう面白さもこのドラマにはあるなと、やっていて思います。あと、この5人でいるのが何とも言えない心地よさがあるので、それもちゃんと演技として出てればいいなと思います。

 

こういうコメント、好きです。(笑)

「5人でいるのが何とも言えない心地よさがある」というコメントは、現場のチームワークの良さを表しているように思います。それがきっと演技としてにじみ出てくるのではないでしょうか。

オンエアではどのようになっているのか、とても楽しみですね。

 

広告




広告




-エンタメ

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.

Copyright© 東海地方と伊勢湾岸おでかけ情報 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.