三重県近隣・伊勢湾岸のイベント・お出かけ情報たまには政治・エンタメ情報などをお届けします。

東海地方と伊勢湾岸おでかけ情報

世界

聖書の勉強-イスラエル人のエジプトからの救出-イスラエル人の荒野の旅-シナイ山にて

投稿日:2016年12月7日 更新日:

bible

よく、聖書には予言がされている、などと聞きます。

ふとしたことから、聖書に興味を持ち、聖書を勉強してみようと思いました。

(2)シナイ山にて(19:1-40:11)

章019

1.イスラエル人がシナイ山のふもとに着く(19)

★イスラエル人がシナイ山のふもとに着く

_
001:イスラエル人は、エジプトの地を出てから三か月目の同じ日に、シナイの荒野にやって来た。
002:彼らはレフィディムを出発してシナイの荒野に着き、そこで宿営した。そこは山のすぐ前であった。
003:モーセは山に登り、神のみもとに行った。主は山の中でモーセに仰せられた。「あなたは、このようにイスラエルの民に言いなさい。
004:『あなたがたは、わたしがエジプト人に対してしたことと、あなたがたを不思議な方法でわたしが救い出したことを見たはずだ。
005:それで、もしあなたがたがわたしの言うことに従い、わたしの契約を守るなら、あなたがたは全世界の民の中で、わたしの大切な民となる。全世界はわたしのものだからである。
006:また、あなたがたは神に仕える祭司の国となり、聖い国民となる。』あなたは、このことをイスラエルの民に語りなさい。」
_
007:モーセは山から下り、民の長老たちを呼び集め、主がお命じになったことをすべて彼らに語った。
008:民もそこにいて、このように答えた。「われわれは主の仰せられた通りにします。」モーセはそのように主に報告した。
009:すると、主はモーセに仰せられた。「わたしは、厚い雲の中にいて、あなたと話をする。これを民が聞けば、彼らはいつまでもあなたを信頼するはずだ。
010:さあ、民の所へ行って、今日と明日、彼らを聖別し、自分たちの着る物を洗わせ、三日目のために用意をさせなさい。三日目には、主が全イスラエル人の目の前で、シナイ山に降りるからである。
012:あなたは民のために、周囲に境を作って、こう言いなさい『あなたがたはよく注意して、山に登ったり、境界に触れたりしないようにしなさい。もしそのようなことをすれば、必ず殺される。
013:それは、獣であろうと人であろうと同じである。』しかし、角笛が長く鳴った時は、山に登って来なさい。」
014:モーセは山から民の所に下りて来て、民を聖別した。彼らは自分たちの着る物を洗った。
015:モーセは彼らに言った。「三日目のために用意をしていなさい。夫婦生活を慎みなさい。」
_
016:三日目の朝になると、山の上に雷と稲妻と厚い雲があり、角笛が高く鳴ったので、宿営地にいた民は皆、震え上がった。
017:モーセは、神を迎えるために、民を宿営から連れ出したので、彼らは山のふもとに立った。
018:シナイ山は一面、煙に包まれた。主が火の中を山の上に降りて来られた。その煙はかまどの煙のように立ち上がり、全山は激しく揺れ動いた。
019:角笛がいよいよ高く鳴った時、モーセは神と語り始め、神はそれに答えられた。
020:主はシナイ山の頂上に降りて来られ、モーセを呼び寄せられたので、彼は山に登って行った。
021:主はモーセに仰せられた。「さあ下りて行って、民を戒めなさい。民はわたしを見ようとして、禁じられている境を押し破って、ここへ来ようとしている。そうすれば、彼らは死ななければならなくなる。
022:主に近付く祭司たちも、その身を清めなければならない。主の怒りに触れないためである。」
023:モーセは主に申し上げた。「民は決してここへ来ることはありません。山の周りには境があります。」
024:しかし、主はなおも仰せられた。「さあ、下りて行きなさい。そして今度は、アロンと一緒に登って来なさい。ただし祭司や民が、境を押し破ってここへ来ることがないようにしなさい。主の怒りに触れないためである。」
025:モーセは民の所へ下りて行き、彼らにそのように告げた。

2. 十戒(20:1-21)

章020

★十戒

_
01:それから、神はこう仰せられた。
02:「わたしは、あなた主である神、あなたをエジプトでの奴隷生活から救い出した者である。
_
03:あなたは、わたしのほかに、どんなものも神としてはならない。
_
04:あなたは、自分のために、偶像を作ってはならない。被造物を一切、偶像としてはならない。
05:それを拝んではならない。礼拝の対象としてはならない。あなたの主である神のわたしは、わたし以外のものを神とすることを許さない絶対者である。だから、わたしを侮る者を、罰せずにはおかないその罰は、三、四代の子孫にまで及ぶ。
06:しかし、わたしを愛し、わたしの戒めを守る者には、恵みを末長く与える。
_
07:あなたは、主である神のお名前を乱用してはならない。主は、お名前を乱用する者を、罰せずにはおかない。
_
08:安息日を覚えて、これを特別な日として、聖く過しなさい。
09:六日間は働く日であるから、この日に働きなさい。
010:七日目は、主である神のために過す安息の日であるから、ほかの日のように働いてはならない。あなたの家族は皆、これを守りなさい。
011:主は、天地創造の時、六日間働かれて、七日目に休まれた。それで、主は安息日を祝福して、これを聖別された。
_
012:父と母を敬いなさい。そうすれば、主である神が与えてくださる地で、幸福な生活をすることができる。
_
013:殺してはならない。
_
014:姦淫してはならない。
_
015:盗んではならない。
_
016:隣人について、偽証をしてはならない。
_
017:隣人のものをむさぼってはならない。隣人の妻であろうと、奴隷であろうと、家畜であろうと、どんなものでも、隣人のものを欲しがってはならない。」
_
018:民は皆、雷と、稲妻と、角笛の音と、煙に包まれている山を目撃した。民は恐れおののき、遠くの方に離れて立っていた。
019:彼らはモーセに言った。「どうか、私たちに話してください。私たちは聞き従います。神様が直接私たちにお話にならないようにしてください。そんなことになったら、私たちの命はありません。」
020:モーセは民に話した。「恐れることはありません。神様が降りて来られたのは、あなたがたに神様を恐れる心をお与えになるためであり、またあなたがたに、罪を犯すことを恐れさせるためにほかなりません。」
021:そこで、民は遠く離れて立ったが、モーセは神のおられる厚い雲に近付いて行った。

★祭壇について

_
022:主はモーセに仰せられた。「イスラエルの民にこう言いなさい。『あなたがたは、わたしが天からあなたがたと語るのを見た。
023:あなたがたは、わたしのほかに、自分のために、金や銀で偶像を造ってはならない。
024:わたしのために土で祭壇をこしらえ、その上で羊や牛のいけにえをささげなさいそこで、わたしはあなたがたを祝福しよう。
025:わたしのために石で祭壇をこしらえるなら、のみを使った切り石でこしらえないようにしなさい。自然の石がよい。
026:また、わたしの祭壇をまたがないようにしなさい。これは、聖い祭壇である。』

広告




広告




-世界

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.

Copyright© 東海地方と伊勢湾岸おでかけ情報 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.