三重県近隣・伊勢湾岸のイベント・お出かけ情報たまには政治・エンタメ情報などをお届けします。

東海地方と伊勢湾岸おでかけ情報

世界

聖書の勉強-イスラエル人の荒野の旅

投稿日:2016年12月8日 更新日:

bible

よく、聖書には予言がされている、などと聞きます。

ふとしたことから、聖書に興味を持ち、聖書を勉強してみようと思いました。

3. 契約の書(20:22-23:33)

章021

★奴隷について

_
001:あなたがイスラエルの民に示すべき規程は、次の通りである。
002:もしヘブル人を奴隷として買わなければならない時は、六年の間は奴隷として働かせてもよいが、七年目には無償で自由の身として去らせなければならない。
003:もし独身で来たのなら、独身で去らせなければならない。結婚していたのなら、妻と一緒に去らせなければならない。
004:もし主人が彼に妻を与えて、妻が子供を産んでいたら、妻子は主人のものとなり、彼は一人で去らなければならない。
005:しかし、もしその奴隷が主人と妻子を愛しているので、主人の下に妻子と一緒にいることを望むなら、
006:その主人は、神のお名前によって行われる裁判の法廷に彼を引っ張って行き、いつまでも主人の家にいるという宣誓をさせなければならない。その上で、彼はいつまでも主人の下にいることができる。
_
007:もしだれかが自分の娘を奴隷として売る時は、彼女は男の奴隷の場合のように自由の身になることはできない。
008:しかし、もし主人が彼女を気に入らなくなっても、それを外国人に売ることはできない。彼女は買い戻される。
009:もし彼女を自分の息子の嫁にするのなら、彼女を娘のように扱わなければならない。
010:もし彼がほかの女を妻とした場合にも、先の妻の生活の面倒を見ることと、先の妻との夫婦生活をやめてはならない。
011:もし彼がこれらのことを守らないなら、彼女は無償で去ることができる。

★死に値する罪

_
012:人を打って死なせた者は、必ず殺されなければならない。
013:ただし、過失によって相手が死んだ場合には、逃れの場を用意しよう。
014:しかし、故意に死なせた時は、その者をたとい祭壇の所からでも引きずって行って、死刑にしなければならない。
_
015:自分の父や母を打つ者は、必ず殺されなければならない。
_
016:人を誘拐した者は、すでに売ってしまっていても、まだ手元に置いていても、必ず殺されなければならない。
_
017:自分の父や母を呪う者は、必ず殺されなければならない。

★傷害罪

_
018:人が争い、一人が相手を石かこぶしで打ち、その相手が死なないで床に付いた場合、
019:再び起き上がり、杖を使ってでも外を歩くことができるようになるならば、打った者は罰せられない。ただ仕事ができなかった分の損害は弁償し、その人が良くなるまで面倒を見なければならない。
_
020:自分の奴隷を杖で打ち、その場で死なせてしまった場合、その者は必ず罰せられなければならない。
021:ただし、その奴隷が一日か二日生き延びたなら、その人は罰せられなくてもよい。奴隷は彼の財産だからである。
_
022:人が争っていて、妊娠している婦人に突き当り、流産させてしまった場合、そのほかに危害が無いならば、その人はその婦人の夫が要求する罰金を支払わなければならない。その支払いは裁定による。
023:しかし、ほかに危害があるならば、命には命、
024:目には目、歯には歯、手には手、足には足、
025:やけどにはやけど、傷には傷、打ち傷には打ち傷をもって償わなければならない。
_
026:自分の奴隷の片目を打ち、それをつぶしてしまった場合、その目の代償として、その奴隷を自由の身にしてやらなければならない。
027:また、自分の奴隷の歯を打って折ってしまった場合、その歯の代償として、その奴隷を自由の身にしてやらなければならない。
_
028:牛が角で人を突いて殺した場合、その牛は必ず石で打ち殺されなければならない。その肉は食べてはならない。しかし、その牛の持主に罪はない。
029:しかし、その牛が角で人を突くくせを持っている場合、その持主がそのことについて警告を発せられていたのに、それをつなぎ留めておかなかったがために人を突き殺したのであれば、その牛が石で打ち殺されるだけでなく、その牛の持主も殺されなければならない。
030:しかし、殺されずに、賠償金を課せられた場合には、自分の命の代価として、課せられたものを全部支払わなければならない。
031:子供を突いて殺した場合にも、この規程の通りに処理されなければならない。
032:奴隷を突いて殺した場合には、牛の持主は、殺された奴隷の主人に、銀三十枚を支払い、その牛は石で殺されなければならない。

★財産の損傷

_
033:水溜の穴のふたをあけたままにして、それにふたをしなかったために、牛やろばがこれに落ちた場合、
034:その水溜の穴の持主は、これを弁償しなければならない。ただし、その死んだ家畜は水溜の穴の持主のものとなる。
_
035:ある人の牛が、もう一人の人の牛を角で突いて殺した場合、両者は生きている牛を売って、その代金を二人で分け、死んだ牛も二人で分けなければならない。
036:しかし、その牛が角で突くくせを持っているのに、その持主がそれをつなぎ留めておかなかったのであれば、その人は牛をもって弁償しなければならない。ただしその死んだ牛は、その人のものとなる。

章022

★盗みと財産の保管

_
001:牛や羊を盗み、これを殺したり、売ったりした場合、牛の場合は、一頭に対して五頭、羊の場合は、一頭に対して四頭を弁償しなければならない。
002:もし盗人が壁に穴をあけ、侵入するところを見付けられ、打たれて殺された場合、殺した者は正当防衛と見なされる。
003:しかし、昼間の明るい時になされたならば、過剰防衛と見なされる。盗みをした者は、弁償しなければならない。もし弁償能力が無いならば、身を売って弁償しなければならない。
004:もし盗んだ牛やろばや羊が、生きたまま手元にあるのが分ったならば、それを二倍にして弁償しなければならない。
_
005:家畜に畑やぶどう畑のものを食べさせていて、その家畜が他人の畑へ行って食い荒らした場合には、自分の畑やぶどう畑の最良の物をもって弁償しなければならない。
_
006:火災を起し、それがいばらに燃え移り、他人の畑や刈り入れた穀物の束を焼いてしまった場合、火災を起した者は、これを弁償しなければならない。
_
007:お金や物を人に預け、それがその人の下から盗まれた場合、その盗人が見付かったならば、盗人はそれを二倍にして弁償しなければならない。
008:しかし、盗人が見付からない場合には、預かった家の主人は、神のお名前によって行われる裁判の法廷へ連れて行かれ、誓って、自分が盗んだのでないことを、はっきりさせなければならない。
_
009:すべての横領事件の場合には、それが家畜でも、衣服でも、何でも、双方の言い分を、神のお名前によって行われる裁判の法廷に持ち出し、有罪と決定された者は、二倍にして、弁償しなければならない。
_
010:どんな家畜でも、それをだれかに預けておいて、その間に死んだり、傷ついたり、盗まれたりしても、目撃者がいない場合には、
011:それを預った者は、主のお名前によって行われる法廷において、誓って、相手の家畜に手を掛けなかったことをはっきりさせなければならない。そうすれば、その持主はそれを了承しなければならず、弁償するには及ばない。
012:しかし、それが確かに自分の所から盗まれたのであれば、その持主に弁償しなければならない。
013:また、それが野獣に裂き殺されたのであれば、その証拠を持って行き、弁償するには及ばない。
_
014:ほかの人から家畜を借りて、それが傷ついたり、死んだ場合、その持主がその場にいなかったならば、弁償しなければならない。
015:しかし、持主がその場にいたならば、弁償するには及ばない。ただし、それが賃借の物であった場合には、借賃を払わなければならない。

★処女を誘惑した場合

_
016:未婚の女性を誘惑して、性の交わりを持った場合は、結婚のためのお金を贈って、妻としなければならない。
017:しかし、その父親が娘をその男と結婚させたくないならば、誘惑した男は慰謝料を払わなければならない。

★死に値する罪

_
018:呪術を使う女は、殺されなければならない。
_
019:動物と性の交わりを持つ者は、殺されなければならない。
_
020:主以外の神々にいけにえをささげる者は、絶滅されなければならない。

★人道的律法

_
021:一緒にいる外国人を迫害してはならない。あなたがたも、以前はエジプトで、外国人であった。
022:また未亡人や孤児を苦しめてはならない。
023:彼らを苦しめるようなことがあれば、わたしは黙っていない。
024:わたしはあなたがたを罰し、あなたがたの妻子を、未亡人や孤児にしてしまう。
_
025:自分と同じ神の民で、貧しい人にお金を貸す場合、彼から利息を取ってはならない。
026:もしほかの人の上着を借金のかたに取る場合には、夜までに返さなければならない。
027:それは、夜具の代りをするものだからである。もしわたしに助けを求めるならば、わたしは彼の言うことを聞いて、彼を助けよう。彼を放っておくことはできないからである。

★祭儀的律法

_
028:あなたは神をののしってはならない。また民の指導者をののしってはならない。
_
029:あなたの豊かな収入の中からささげ物をすることを、ためらってはならない。/あなたの長男をわたしにささげなさい。
030:家畜の場合も、その初子をわたしにささげなさい。七日の間、その母と一緒にしておいて、八日目にわたしにささげなさい。
_
031:あなたがたは、わたしの聖い民でなければならない。野獣に裂き殺された動物の肉を食べてはならない。それは、犬に与えてしまいなさい。

章023

★正しい証言をすること

_
001:あなたは根拠の無いうわさを言いふらしてはならない。あなたは悪人と一緒になって、不正なことの証人になってはならない。
002:あなたは大勢の人に従って、悪を行ってはならない。あなたは訴訟の時、大勢の人に従い、片寄り、正義を曲げる証言をしてはならない。
003:また貧しい人を、その訴訟の時、真実を曲げてかばってはならない。

★敵対している人に対して

_
004:あなたに敵対している人の牛やろばが迷っているのに出会った時は、必ずそれを持主の所へ連れて行って、返しなさい。
005:あなたを憎んでいる人のろばが、その荷物の下敷になっているのを見た時は、これを見て見ないふりをせず、必ずその人に手を貸して、これを起してやりなさい。

★正しい裁判をすること

_
006:貧しい人が訴えられた時、あなたは、その裁判を曲げてはならない。
007:あなたは偽りの告訴から遠ざかりなさい。罪の無い人や正しい人を殺してはならない。わたしは悪者を正しいと宣告することはないからである。
008:あなたはわいろを取ってはならない。わいろは人の目をくらまし、正しい人の言い分を曲げるからである。

★外国人を虐げてはならないこと

_
009:あなたは、ここにいる外国人を虐げてはならない。あなたがたも、以前はエジプトで、外国人であったから、外国人の気持が分るはずである。

★安息年

_
010:あなたは、六年間は地に種を蒔き、収穫をしなさい。
011:しかし、七年目には、その土地をそのままにして、休ませなさい。そうすれば、貧しい人々がそれを食べ、その残りは野の獣が食べるようになる。それは、ぶどう畑の場合もオリーブ畑の場合も同様である。

★安息日

_
012:あなたは、六日間は自分の仕事をし、七日目には休みなさい。それは、牛やろばが休み、ここにいる外国人も休むことができるためである。
013:わたしがあなたがたに言ったことをすべて心に留めなさい。異教の神の名前を口にしてはならない。それを唱えてはならない。

★祭を行うことなどについて

_
014:あなたは年に三度、わたしのために祭を行い、わたしの前に出て礼拝をしなさい。
015:あなたはイースト菌無しのパンの祭を守りなさい。わたしがあなたに命じたように、ユダヤの暦の一月(今日の三、四月に当る)、一週間、イースト菌の入っていないパンを食べなさい。それは、その月にあなたがエジプトを出たからである。ささげ物を持たずにわたしの前に来てはならない。
016:あなたは小麦の初穂を刈る祭と、収穫祭を行いなさい。
017:男子は皆、年に三度、わたしの前に出て礼拝しなければならない。
_
018:あなたは、いけにえの血を、イースト菌の入っているパンと一緒にささげてはならない。いけにえの脂肪を翌朝まで残しておいてはならない。
_
019:あなたの土地から取れた初穂の最上の物を、あなたの主である神の家に持って来なさい。/あなたは、子山羊を、その母の乳で煮てはならない。

★神がその民のためにしてくださること

_
020:さあ、わたしは使いをあなたの前に遣わし、あなたを約束の地まで守り導いて行かせよう。
021:あなたはわたしの使いに心を留め、その言うことに従い、決して背いてはならない。彼はわたしの代行者だから、彼に背く時には、決して赦さない。
_
022:しかし、もしあなたがわたしの使いの言うことに従い、わたしの言うことをすべて行うなら、わたしがあなたの敵に対し向って行こう。
_
023:わたしの使いは、あなたの前に行き、あなたをエモリ人、ヘテ人、ペリジ人、カナン人、ヒビ人、エブス人の所に導き、彼らを滅ぼそう。

024:あなたは彼らの神々を拝んではならない。これに仕えてはならない。また彼らのすることに倣ってはならない。これらを徹底的に打ち壊し、石の柱を粉々に打ち砕きなさい。
025:あなたがたの主である神に仕えなさい。そうすれば、わたしはあなたがたの食べる物を祝し、あなたがたのうちから病気を除き去ろう。
026:あなたの国のうちには流産する女も無く、不妊の女も無く、天寿を全うさせよう。
027:わたしは、あなたが行く前に、彼らにあなたに対する恐れを起させ、その民をことごとく攪乱し、敗北させる。
028:わたしはまた、ヒビ人、カナン人、ヘテ人を、あなたの前から追い払う。
029:しかし、わたしは彼らを一年以内には追い払わない。そうすると、土地は荒れ、野の獣が増え、あなたが害を受けるようになるからだ。
030:わたしは、徐々に彼らをあなたの前から追い払う。あなたはこの土地に増え広がって、ここを相続地とするようになる。
031:わたしは、紅海からペリシテ人の住んでいる地中海に至るまでを、あなたの土地とし、そこに住んでいる者たちを、あなたの手に渡す。あなたは彼らを自分たちの前から追い払う。
032:あなたは、彼らやその異教の神々と妥協してはならない。
033:彼らはあなたの所に住んではならない。もし彼らをあなたの所に住まわせておくと、彼らが誘惑の種となり、あなたがたが異教の神々に仕えて、わたしに罪を犯すようにならないとも限らないからである。」

広告




広告




-世界

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.

Copyright© 東海地方と伊勢湾岸おでかけ情報 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.