三重県近隣・伊勢湾岸のイベント・お出かけ情報たまには政治・エンタメ情報などをお届けします。

東海地方と伊勢湾岸おでかけ情報

季節

節分の日の由来は?節分イワシ、柊イワシとは?

投稿日:

ひいらぎいわし

2月の季節の行事といえば、節分ですよね。

日本人は、節分には豆まきをする習慣、風習がありますが、

節分では、なぜ豆をまくのでしょうか?

節分の由来と、中国との関係は?

日本では、1000年以上前から節分に鬼(=邪気)を退治するために、

節分の日に、炒った大豆を投げたり、その大豆を食べたり、

イワシを入り口に立てたり(後述する「節分いわし」「柊いわし」を参照)

イワシを食べたりということが行われていたそうです。

 

この風習は、おそらく「「追儺(ついな)」という、鬼(=邪気)を追い払う儀式です。

この「追儺」という「鬼払いの儀式」が、中国由来と言われております。
中国では追儺ではなく、「大儺(たいな)」として行われていたそうです。

節分は、もとの意味は、各季節(春・夏・秋・冬)の始まり

(立春・立夏・立秋・立冬)の前日のことで、

「季節を分ける」ことから「節分」と言います。

ですから、節分は、もともと年に4回あったと言われています。

 

その中でも、特に立春は、旧暦の「新年」に始まることから、

4つの中で一番に重要とされました。これが、節分の由来といえそうです。

節分では、なぜ豆をまくのですか?

節分といえば、いの一番に思い浮かぶのは、豆まきではないでしょうか。

豆をまいたら、数え年の年齢分の豆を食べます。

一般的には、「鬼は外!(おにはそと)福は内!(ふくはうち)」と

掛け声を言って、鬼に豆をぶつけます。

これには「鬼=邪気(じゃき)」を追い払って、

新しい一年の健康を願う、という意味合いがあるそうです。

 

また、地域によっては、その掛け声もさまざまな掛け声があるようです。

鬼に親しみのある地域では、「福は内、鬼も内」と言ったりするところも

あるようです。

おもしろいですよね。

「節分いわし」「柊(ひいらぎ)いわし」って、何ですか?

「節分いわし」、「柊いわし」、という風習が、関西の一部地域ではあります。

鰯(いわし)の頭を柊(ひいらぎ)の枝に刺して、玄関に飾る、というものです。

この「節分いわし」「柊いわし」の風習は、それほど古くない風習のようです。

 

その他、関西の一部地域では、節分の日に鰯(いわし)を食べる習慣があります。

これにも所説あるようですが、一般的には、イワシを焼くと激しい煙が出ますが、

この煙とイワシを焼いた臭いで鬼(=邪気)を追い払う、という魔除けの意味合いが

あるそうです。

地域によって、いろいろな風習があるものですね!

広告




広告




-季節

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.

Copyright© 東海地方と伊勢湾岸おでかけ情報 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.