三重県近隣・伊勢湾岸のイベント・お出かけ情報たまには政治・エンタメ情報などをお届けします。

東海地方と伊勢湾岸おでかけ情報

季節

バレンタインデーの由来は?チョコはいつから?日本では?

投稿日:

present

毎年、節分が過ぎる頃になると、男子がソワソワしてくる季節になってきます。

それは、2月14日の聖バレンタインデー。

女子は、義理チョコ選びなんかもあると、少し憂鬱だったりするかもしれませんね。

バレンタインデーの由来は?

バレンタインデーの歴史は、西暦1207年2月14日、ローマ皇帝クラウディウス2世が結婚を禁じたのに反抗して殺された、ヴァレンチノ司祭(=バレンタイン)を祭る日に由来しています。

当時のローマ皇帝クラウディウス2世は、ローマの兵士に家族ができると「士気」が弱まると考え、結婚を禁止していたのでした。

ところが、キリスト教の司祭であるヴァレンチノ司祭(=バレンタイン)が、ローマ皇帝クラウディウス

2世に秘密で、若者たちの結婚させていたのでローマ皇帝クラウディウス2世は怒り、ヴァレンチノ司祭(=バレンタイン)をキリスト教からローマ宗教に改宗させようとしたのです。

ところが、ヴァレンチノ司祭(=バレンタイン)は「愛の尊さ」をローマ皇帝クラウディウス2世に説き、ローマ宗教への改宗にも抵抗したために、西暦1207年2月14日に処刑されてしまいました。

後世の人々は、ヴァレンチノ司祭(=バレンタイン)の勇気ある行動に感動し、「聖バレンタイン」と、恋人の守護神として祭るようになりました。

ヴァレンチノ司祭(=バレンタイン)が処刑された日を、「聖バレンタインデー」と呼ぶようになったのは、こういう事件が由来となっているのです。

その後、バレンタインデーは次第に、男女の恋愛に結びつけられるようになってきました。

バレンタインデーにチョコレートはいつから?

元々はイギリスのチョコレート会社である、キャドバリー (Cadbury) 社が1868年に
美しい絵のついた贈答用のチョコレートボックスを発売し、これに前後して、キャドバリーはハート型のバレンタ

インキャンディボックスも発売した。これらのチョコレートボックス等がバレンタインデーの恋人などへの贈り物に多く使われるようになり、後に他の地域にこの風習が伝わっていった

これが、バレンタインデーにチョコレートの贈り物をすることになった起源といわれています。

日本でのバレンタインデーはいつ?どこで?

日本では、1958年ごろから流行したといわれています。

しかし、戦前に来日した外国人が広めたという説や、第二次世界大戦後にアメリカ軍から広められたとする説

があります。

日本社会に定着していくのは、1970年代後半に、「女性から男性に対して、親愛の情を込めてチョコレートをプレゼントする」という「日本型」のバレンタインデーが定着したと言われます。

しかし、日本でのバレンタインデーとチョコレートの歴史的起源については、

1)神戸のモロゾフ説(1936年2月12日に英字新聞に公告を掲載)

2)伊勢丹説(1958年2月に伊勢丹新宿本店でバレンタインセール)

3)森永製菓説(1960年より新聞広告)

4)ソニープラザ説(1968年にソニプラでチョコを贈る流行を試み)

など、さまざまな説があるが、どれも事実であり、どれも普及、定着に役立っているのではないかと思われます。

 

最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。






広告




広告




-季節

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.

Copyright© 東海地方と伊勢湾岸おでかけ情報 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.